BK WINES 

​オーストラリア、アデレードヒルズ
bk-2.jpg

 

「素晴らしいアートを創造する」

 

2007年、ブレンダンと妻のカーステン・キーズがBK WINESを設立したときに掲げた思い。
ニュージーランド、アルゼンチン、カリフォルニアの巨匠たちから学んだ後、南オーストラリアはアデレードヒルズの丘陵地帯にワイナリーを構えました。
ここは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今、オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地で、先入観に制限されることないワインスタイルを貫くにも、生活するにも適した場所だといいます。

高品質な果実に対する妥協のない探求心こそがブレンダンのワインメーカーとしての最大の強みであり、ミニマリスト的なアプローチを用いて、選び抜かれた果実をボトル内に導く芸術的な魂と確固たる品質基準を組み合わせています。

SO2を最小限に抑えながらも高品質なワインを造る職人技で世界に名を馳せるBK WINESですが、経歴や名声を横に置き、こう語ります。

「とりあえず音楽をかけて興味を引いたボトルをグラスに注いで、大切な人たちと過ごしてほしい」

醸造所に置かれたターンテーブルや、壁を埋めつくすスケートボードデッキ。
今日私たちが口に含むワインは、あの音のエッセンスが少し入っているのかもしれません。
 

bk-1.jpg
bk-3.jpg

 

 

音楽を愛するブレンダンのレコードコレクションより、2019年来日の際に持ってきたという9枚。

※各ジャケット画像クリックで詳細と​Spotifyのリンクをご覧いただけます。
作品によっては一部Spotifyで配信されていない​楽曲があります。
​(上段左から右へ)

『Late Night Tales』BAD BAD NOT GOOD

『historie de melody nelson』SERGE GAINSBOURG

『I CAN HEAR THE HEART BEATING AS ONE』YO LA TENGO

『IV』LED ZEPPELIN

『DJ-KICKS』Chicken Lips

『400% DYNAMITE!』V.A.

『Late Night Tales』Trentmoller

『ACID』RAY BARRETTO

『NEW ORLEANS FUNK』V.A.

 

前回即完売した「Ovum」、そして日本初紹介の「カルト・ブランシュ」、今回限りの限定生産「リパッソ」。

​飲んでみたい1本と、ブレンダンチョイスの音楽。お楽しみください。​