My Guitar like a Holy Wine | Morisee(Awesome City Club)




​"寄り添ってくれるようなギター"から派生して、ワインが主役ではなく、主役にワインが寄りって、そのワインにギターが寄り添う。そんなテーマです。友人のお店に行ってワインを出してもらって、そこのスピーカーから実際に音楽をかけながら、ワインに合うかどうかっていうのを試してみたりもしました。

―モリシー(Awesome City Club)


インタビューを読む

 

モリシー(Awesome City Club)

Awesome City Clubのメンバーとして活動しながら、様々なミュージシャンのレコーディングにギターで参加。MORISHIMA COFFEE STAND店主。



このプレイリストと呑みたいワイン


白)ブルゴーニュ・コート・ドーセール シャルドネ 2018 / ドメーヌ・デトワード

弦の響き、フレットを押さえる指先の音。アコースティックのやさしい音色に、クリアな味わいでありながら畑の呼吸を味わえるワインを添えてみてください。