• instagram
  • facebook
  • Spotify
  • AppleMusic

MUSIC×WINE

オレンジ)スペクタクル 2022 / JOMA ヨハンナ・マルコヴィッチ

オレンジ)スペクタクル 2022 / JOMA ヨハンナ・マルコヴィッチ

3190 円(tax-in)

  • SPEKTAKEL 2022 / JOMA “Johanna Markowitsh”
  • 【国】
  • 【地域】 ニーダーエスタライヒ、カルヌントゥム
  • 【品種】 グリューナー・ヴェルトリーナー90%、ムスカテラー 10%
  • 【生産者】 ヨハンナ・マルコヴィッチ
  • 【栽培】 ビオロジック
  • 【SO2】 無添加
  • 【アルコール度数】 12.5%
             

製法etc

収穫:9 月上旬に手摘み。15 日間のスキンコンタクト、オープンタンクで自然発酵、たまにバトナージュ。ステンレスタンクにて全ての澱と共に 7 か月熟成。無清澄、無濾過、ボトリングのタイミングに 10g/ml のみ使用。

濁りの明るいイエロー。りんご、アプリコット、桃、パパイヤ、ハーブ、酵母などのアロマ。ドライなボディとストーンフルーツと柑橘類の皮のニュアンス。柔らかなタンニンと程よい酸、余韻の僅かな苦みがアクセント。気軽にみんなで楽しめるライトオレンジワイン。“SPEKTAKEL”とは、彼女の両親が出会ったクラブの名前に由来しています。


(インポーター資料参照)

生産者について

JOMA“ヨマ”とはゲアハルト・マルコヴィッチの娘である、ヨハンナ・マルコヴィッチが手掛けたできたばかりのワイン・ブランドです。
父であるゲアハルト・マルコヴィッチは、カルヌントゥムの中でも、約 50 ヘクタールという畑を所有し、国内の生産者の中でも生産量は多く、オーストリアで一番影響力のあるワイン・グルメ雑誌である FALSTAFF(ファルスタッフ)では、4 つ星を獲得、また 1999 年に“Winemaker of the year”という称号を授与しており、父マルコヴィッチのワインは国内と国際的共に高い評価を得てオーストリアを代表する生産者の一人。
その愛娘である Johanna“ヨハンナ”は、その家族経営ワイナリーの中で育ちました。しかし、彼女は当初ワイナリーを継ぐ考えはなく、経学を学ぶため、ウィーンの大学へ進学。経営学を勉強する中、ウィーンのワイン会社“WEIN&CO”(オーストリア最大のワインショップチェーン)のマーケディング部門で働き始めました。それから 3 年後、家業を手伝うことを決意。ワイナリーでは、父の下、アントレプレナーシップ(起業家精神)とセラーマスターとして学びつつ、同時に働き始めます。その後、彼女は、他での新しい世界を見るため、2 か国でインターシップを行います。ドイツ・ファルツのワイナリーFriedrich Becker(フリードリッヒ・ベッカー)で働き、収穫とシャルドネとピノ・ノワールについて学び、そして、2020 年、南アフリカ・スワートランドの Johan Meyer(ヨハン・マイヤー)で収穫期に働き、ナチュラル・ワインについて学びました。
様々な経験をする中、これまでの自分の経験を活かし、若くして、新しいブランド“JOMA”を立ち上げます。ヨハンナ(Johanna)の Jo と、マルコヴィッチ(Markowitsch)の Ma を組み合わせ、ブランド名を JOMA と命名。
コンセプトは、ビオロジック農法で育てた葡萄の使用、伝統的な天然酵母と大きな古い樽、無清澄、無濾過、硫黄の未使用、またはボトリング時のごく少量添加、15m/g 以下の使用。そして、低アルコール、ライトなスタイルでより若者をターゲットとした父との生産スタイルと真逆のワインを生産する事を目的としています。
父親から学んだ技術と独自で学んだ経験を活かし、味わいや柔らかさ、ナチュラルな中にも女性らしいエレガントな要素もワインに感じ取れます。


(インポーター資料より)


このワインのフィーリング

  • にぎやか

Recommended Music