• instagram
  • facebook
  • Spotify
  • AppleMusic

MUSIC×WINE

赤)ツヴァイ・ノット!? 2023 / レ・ヴァン・デブルィヤール

赤)ツヴァイ・ノット!? 2023 / レ・ヴァン・デブルィヤール

4840 円(tax-in)

  • Zwei Not!? 2023 / Les Vins Debrouillards (Kaoko Narusawa & Charles Lawrence)
  • 【国】
  • 【地域】 長野、塩尻
  • 【品種】 ツヴァイゲルト
  • 【生産者】 鳴澤佳生子 & チャールズ・ローレンス from レ・ヴァン・デブルィヤール
  • 【栽培】 ビオロジック
  • 【SO2】 無添加
  • 【アルコール度数】 11.5%
             

製法etc

通常の栽培よりも手間のかかる混植とビオロジックで育てたぶどうでワインを作りました。野生酵母、ノンフィルターで酸化防止剤等の添加物は一切使用せず純粋に熟成させたブドウ果実だけで仕上げた一本。
Fattoria AL FIORE委託醸造 第二弾。

マセラシオン・カルボニックで果実の若々しさを際立たせ、ほんの少しマロラクティック発酵が進んだ状態で瓶詰め。
開けたてはシュワシュワっと微発泡感があり、フレッシュな黒系ベ リーの風味がどんどん溢れ出てくる軽やかな赤ワイン。
少し寝かせると更に深みが増しますが、今すぐ飲んでも楽しめます!

生産者について

アメリカ出身のチャールズと長野県飯田市出身の佳生子さんが夫婦でワイン造りを目指そうと2020年に長野県塩尻市片丘地区で畑を借りてぶどう栽培をスタート。

片丘地区は、標高800mの風通しの良い片丘地区で、現在ツヴァイゲルトやメルロー、カベルネ・フラン、ピノ・グリ、サヴァニャン、シャルドネなどを栽培。ぶどう以外にりんご(シナノスウィート、ふじなど)や野菜の栽培も行っている。ぶどう畑はとても丁寧にケアされていてお二人の人柄が出ている。

チャールズは約20年前に来日し、アメリカやオーストラリアのワイナリーの醸造現場で栽培や醸造の経験を積み、佳生子さんは塩尻市の塩尻ワイン大学で栽培や醸造の知識を体系的に学ぶ。
ぶどう産地としての片丘の可能性に着目して移住し、ワイナリーの開設を目指している。

このワインのフィーリング

  • チル

Recommended Music