• instagram
  • facebook
  • Spotify
  • AppleMusic

MUSIC×WINE

赤)NOFASA ルージュ 2022 / グラン・クレレ

赤)NOFASA ルージュ 2022 / グラン・クレレ

4180 円(tax-in)

  • NOFASA Rouge 2022 / Domaine Grand Cléré
  • 【国】
  • 【地域】 ロワール
  • 【品種】 カベルネフラン 50%、カベルネソーヴィニョン 50%
  • 【生産者】 フランソワ・ブランシャール from グラン・クレレ
  • 【栽培】 ビオロジック
  • 【SO2】 無添加
  • 【アルコール度数】 13%
             

製法etc

平均樹齢40年(« Grand-Cléré »という区画のブドウ)、標高はおよそ110メートル。トゥールの台地の中でも最も標高が高いものの1つ。シレックス、粘土質 。ノンフィルター。SO2無添加。収穫と摘房は手作業で行い、5日間ほど果皮漬浸、圧搾、コンクリートタンクで発酵、バリック約4ヶ月熟成。 NoFaSaは略語で”Notre Façon de Saluer”の頭文字。意味は『私達流の挨拶』。まさに私たちにとって名刺代わり(挨拶代わり)の自信たっぷりのオリジナルワイン!


(インポーター資料参照)

生産者について

元ミュージュシャンだったフランソワ・ブランシャール。
ワインに興味を持ち、この世界に足を踏み入れた。
野菜や穀物を育て、自給自足のような生活を送り、そのすべての畑においてビオロジック栽培を行っている。
彼のこだわりには目を見張るものがある。
造られたワインは基本的に全て王冠で栓をする。
コルクは生産の段階でなんらかの科学的なものが使われている可能性があり、それがワインに影響を与えるのを懸念してのこと。
科学物質を含んだ食べ物を子供たちに与えたくない、との思いも強い。
そのこだわり抜いた姿勢は、彼の造り出すワインに十分すぎるほど反映されており、その味わいはとても素晴らしい仕上がり。
彼のワインに関してはこんな逸話が。
赤白100種類位のブラインドテイスティングで、J.P.ロビノ(ランジュ・ヴァン)が好みの赤と白を1本ずつ選んでもらったところ、それが赤、白共にフランソワのワインを選んだとのこと。
エチケットのポーズは、親友たちへの挨拶。
収穫時に訪問した我々も別れの時にこのポーズで見送ってもらいました。
それをヒントにワイン名とエチケットが決定。
NoFaSaは略語で”Notre Façon de Saluer”の頭文字を取っています。
意味は『私達流の挨拶』。

(インポーター資料より)


このワインのフィーリング

  • シンプル

  • パッション

Recommended Music