Broadway Night | アンジェラ・アキ

現在ブロードウェイミュージカルのプロデューサーとして活躍するシンガーソングライター、アンジェラ・アキさんがWineBoxのためにミュージカル楽曲オンリーのプレイリストを作ってくださいました。

全11曲、少しずつご紹介していきます。

アンジェラ・アキさんの選曲コメントは、WineBoxのインスタグラム/Facebookにて!


プレイリストとあわせて、WineBoxセレクトのナチュラルワインをお楽しみください。





ワインを飲みながらブロードウェイミュージカルを鑑賞している様な気分になれる楽曲達を選曲してみました。新しい作品から古典まで本場の空気を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

―アンジェラ・アキ

 

アンジェラ・アキ


バイカルチュラル(日本とアメリカ)の個性派シンガー・ソングライター。

日本人の父親とイタリア系アメリカ人の母親との間に生まれる。

3歳からピアノを始める。

中学校まで徳島県と岡山県で過ごし、15歳のときにハワイへ。

米国ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学で政治学を専攻。

大学時代から音楽活動を本格化。2003年に帰国、2005年メジャー・デビュー。

2014年の活動休止までの間に7枚のアルバムをリリース。

二度のオリコンチャート1位や「NHK全国学校音楽コンクール中学生の部」の課題曲に書き下ろされたシングル「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」がプラチナディスクを獲得するなど国民的女性シンガーソングライターの仲間入りを果たす。

2014年、10年間に渡る日本での活動の集大成となる、初のベストアルバム『TAPESTRY OF SONGS-THE BEST OF ANGELA AKI』を発表。同年8月4日に行われた日本武道館での公演をもって、日本での無期限活動停止に入る。

2022年現在、日本国内ミュージカル作品とブロードウェイミュージカル作品の両プロジェクトが制作進行中。








1. ミュージカル『SIX』(楽曲:Don't Lose Ur Head)

暴君かつ"女好き"で悪名高い英国王ヘンリー8世と、振り回された6人の妻たち。その6人の王妃達が現代に蘇ってライブコンサートを開催するという面白い設定の作品。脚本を書いたのはケンブリッジ大学のミュージカルサークル所属の学生2人。 学生発のミュージカルがウェストエンドを経てブロードウェイに辿り着いたという意味でとても夢があります。


ワインのセレクトキーワード:

#若手生産者 

#女性生産者

#概念を飛び越えた新しい感覚のワイン 



2. ミュージカル『Hadestown』(楽曲:Way Down Hadestown)

ギリシャ神話「オルフェウスとエウリディケ」を元に描かれたミュージカル。 現実社会と地下社会の2つの舞台をもとに、様々な対比が描かれ、理想とは?幸せとは?を投げかけます。 アンジェラ・アキさん曰く、「生で見ている様な感動をサントラにおさめるのはとても難しいけれどHadestownのサントラはどれもリアルなエネルギーに溢れている」とのこと。ワインも大地や自然のエネルギーが詰まっているものをセレクトします。


ワインのセレクトキーワード:

#エネルギー 


3. ミュージカル『Dear Evan Hansen』(楽曲:Waving Through A Window)

孤独で脆い心を抱える登場人物たちが、つながりや承認、愛や居場所を求めて奔走する物語でSNSの闇を描いたヒット作。制作布陣は『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』を手がけたベンジ・パセックとジャスティン・ポール、そして名作「RENT」に大きな影響を受けたという脚本家のスティーヴン・レヴェンソン。


ワインのセレクトキーワード:

#居場所 



4. ミュージカル『Waitress』(楽曲:She Used to Be Mine)

ブロードウェイ史上初、女性クリエイターのみで作られた作品。脚本は、ショーン・ペン主演映画の「アイ・アム・サム」の監督、脚本、プロデューサーのジェシー・ネルソン。音楽は、「Love Song(邦題:こんなハズじゃなかったラヴ・ソング)」のシンガーソングライター、サラ・バレリス。演出は「ピピン」でトニー賞を受賞したダイアン・パウルス。

不倫やDVなどダークなテーマを扱いながらも、シリアスになりすぎず、テンポ良くコミカルに描いています。


ワインのセレクトキーワード:

#女性生産者



5. ミュージカル『A Little Night Music』(楽曲:Send In the Clowns)

イングマール・ベルイマンのコメディ『夏の夜は三たび微笑む』を見事な演出とエレガンスでミュージカルに仕立て上げ、演劇界を魅了し続けている名作。


ワインのセレクトキーワード:

#継承



6. ミュージカル『FUN HOME』(楽曲:Days and Days)

アリソン・ベクデルの自伝をミュージカル化。主人公のセクシュアリティの発見や父親の自殺など、一見暗いテーマに喜劇を盛り込んだ演出で、とある家族の希望の物語を描く。


ワインのセレクトキーワード:

#再起

#転調



7. ミュージカル『Hedwig and the Angry Inch』(楽曲:Wig In A Box)

幼い頃母が聴かせてくれたプラトンの「愛の起源」のように自分の片割れである愛を探して奮闘する東ベルリン出身のLGBTQパンクロックシンガー、ヘドウィグ。彼女がバンドとともにアメリカをツアーしながら自分の人生を語り、自分の歌を盗んだ元恋人のシンガーを追っていきます。


ワインのセレクトキーワード:

#再起



8. ミュージカル『Wicked』(楽曲:For Good)

「オズの魔法使い」の登場人物“西の悪い悪魔”誕生の前日譚を描いたミュージカル。少女の友情を描きつつ、社会の二面性や弱物への差別、善悪のもろさなど、社会風刺のメッセージも込められています。


ワインのセレクトキーワード:

#女性生産者



9. ミュージカル『Sunday in the Park with George』(楽曲:Sunday)

新印象派の点描画家ジョルジュ・スーラの代表作「グランド・ジャット島の日曜の午後」からインスパイアされたミュージカル。創作活動において周囲の理解を得られずに葛藤する姿を2つの異なる時代から描きます。まるで「点」を思わせる曲のイントロにも注目です。


ワインのセレクトキーワード:

#マイウェイ


10. ミュージカル『Hamilton』(楽曲:Alexander Hamilton)

実在する白人の役に非白人俳優を起用した異色作。脚本はヒスパニック系移民の若者を描いたブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の作詞作曲でトニー賞を受賞したリン・マニュエル・ミランダ。アメリカという国の矛盾や問題を突いています。


ワインのセレクトキーワード:

#マイウェイ #異端児


11. ミュージカル『RENT』(楽曲:Seasons of Love)

白人のプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を1990年前後のニューヨークに置き換え、様々な問題を抱えながらも夢を追い求める若者を描いたミュージカル。作詞・作曲・脚本を手掛けたジョナサン・ラーソンは初演前日に急逝してしまいましたが、のちにトニー賞、ピューリッツァー賞など多くの賞を受賞する名作となりました。


ワインのセレクトキーワード:

#大好きな一本 #継承



 

赤)トゥ・ソフ・ランニュイ 2020 / ドメーヌ・マダ ¥4,620

#若手生産者 #概念を飛び越えた新しい感覚のワイン



橙)キュベ オルジニー 2021 / クロ・マソット ¥5,280

#居場所 #エネルギー #概念を飛び越えた新しい感覚のワイン



白)ピグロ・デッレ・ソルベ 2019 / コッレカプレッタ ¥3,520

#継承 #女性生産者



赤)イル・メルロ・ネロ 2017 / コッレカプレッタ ¥3,850

#継承 #女性生産者



橙)デスティ 2020 / コスミック・ヴィニャテーズ ¥5,280

#再起 #転調 #マイウェイ



白)ヴィーノ ビアンコ カンテチェリーノ 2021 / ラバスコ ¥3,300

#継承 #女性生産者 #エネルギー



赤)ヴィーノ ビアンコ カンテチェッリ 2021 / ラバスコ ¥3,520

#継承 #女性生産者 #エネルギー



赤)トレ ガメイ 2018 / レミ・セデス ¥4,840

#マイウェイ #異端児